風邪に効くアロマ

風邪をひいたらすぐに風邪薬を飲みますか?

腹痛、頭痛、花粉症など、すぐに内服で対処しがちですが、アロマを生活に取り入れれば薬はいらなくなります。

薬は、症状を抑えるためとはいえ、化学物質の摂取になります。

時には薬が必要になることがありますが、日常的に内服する必要はありません。

身体に優しく、自然の強力な力を借りて対処することをお勧めします。

まずは、風邪の時や風邪予防に効果の高いアロマをご紹介します。

 

シーブス

これは強い高ウイルス、防腐、抗菌、および抗感染エッセンシャルオイルです。

シーブスとは「泥棒」の意味です。

昔、疫病が流行った時代に、ある泥棒たちは全く病気に感染することなく元気に盗みを働いたという話があります。

なぜ彼らが元気だったかというと、このシーブスを使っていたからだということが由来なのです。

スプレーにしてリネンや空間にスプレーしたり、足裏に直接塗布したり、うがいに使用したり、ディフューザーで炊いたりと、ありとあらゆる場所に使用します。ハンドソープや石鹸、洗濯用洗剤、食器用洗剤、ハウスクリーナー、歯磨き粉などの日用品にシーブスが配合されているものを使用すれば完璧です。

(成分)

クローブ

レモン

シナモンバーク

ユーカリラディアータ

ローズマリー

 

ピューリフィケーション

このブレンドは、空気を浄化し、消毒する効果があります。

カビ、たばこの煙、不快な匂いを中和する働きもあります。私は玄関や水周りにも振りかけたり、泊まるホテルのお部屋にばら撒いたりしています。そうすることで場の結界を張ることが出来ます。

私もそうなのですが、場所から影響を受けやすい性質をお持ちの方はご自身にも塗布して結界を張ることがおススメです。

 

(成分)

シトロネラ

レモングラス

ローズマリー

メラルーカアルタニフォリア

ラバンジン

マートル

 

 

イミュウェル

このブレンドは、免疫力と細胞のDNA修復を強化する働きがあります。

殺菌性につよく、抗感染力があります。

 

(成分)

ヒソップ

マウンテンセイボリー

シスタス

ラヴィンサラ

フランキンセンス

オレガノ

クローブ

クミン

アイダフォタンジー

 

R.C

風邪、気管支炎、咽頭炎、副鼻腔炎、咳、呼吸のつまりを軽減します。

副鼻腔の通路を開け、肺の感染と戦い、アレルギー症状を緩和します。

 

(成分)

マートル

ユーカリグロビュラス

マジョラム

パイン

ユーカリシトリオドラ

ラベンダー

サイプレス

ユーカリラディアータ

スプルース

ペパーミント

 

 

レイブン

このブレンドは、強い抗ウイルス、防腐剤となります。

結核、インフルエンザ、肺炎などの呼吸器疾患や、感染症に対して効果的です。

 

(成分)

ラヴィンサラ

レモン

ウインターグリーン

ペパーミント

ユーカリラディアータ

 

 

風邪に伴う喉の痛みや、鼻づまりにも以上の精油で対処できます。

あとはとにかくデトックスをして休むのが一番早く回復が望めると考えられます。

発熱もデトックスのサインですので、特別高熱でない限りは体内で免疫機能が働いているサインだととらえ、市販の解熱鎮痛薬はできるだけ控えることをお勧めします。

身体の声を聴けばおのずと自分に必要な対処法、休み方も分かってくると思います。

 

posted by佐久間真理子

ブログはこちら