日焼け止めが苦手な人も使いやすい安全な天然の日焼け止め

毎日日差しがジリジリと暑い日が続きますが、皆さんは日焼け止めクリームなどを使っていますか?

日常用の日焼け止めは優しいものでも、レジャーや外のお出かけではきっと強いものをお使いではありませんか?

しかし、お肌を守るための日焼け止めで肌荒れを起こしたり、洗うのが大変だから好きではないという方も多いと思います。

私は100%天然の精油とキャリーオイルで簡単にSPF50程度の日焼け止めを作って使用しています。

精油でSPF50 なんてすごいですね。

その紫外線から守るエッセンシャルオイルの正体は、植物がもともと持っている紫外線から種の中身を守る力なのです。

 

キャロットシード

その名の通り人参の種からとれる精油です。

これにSPF50程度の紫外線を予防する効果があります。

ミルラ

これはミイラの語源と言われており、かなり高い抗酸化力を持っています。

これを加えることで、美肌効果が高まります。

セイクリッドフランキンセンス

こちらはフランキンセンスの中でもオマーン産の高級フランキンセンスです。

こちらは、抗酸化力のみならず組織再生能力、皮膚再生能力も高いことから高い美肌効果が期待できます。

 

ラベンダー

ラベンダーも皮膚修復能力が高く美肌に効果的ですか、キャロットシードの人参のような独特の香りが苦手な方はこれを多く入れるとラベンダーの癒しの香りになります。

 

これらをV-6マッサージオイルという6種類の野菜からできたオイル(もちろん食べられます)に入れて日焼け止めを作ります。

 

こういった天然の口に入れても害のないもので、日焼け止めや、虫除けスプレーなどの直接皮膚につけるものを作ることは大人はもちろんのこと、子供にはとても大切ですね。

 

posted by アシェルヘーン アロマブログ担当 佐久間真理子