今、流行っているCBDってなぁに?

最近、ちょ~っと尋ねられる事が
多くて記事にしてみました。


CBDオイルというものが、
健康分野で非常に注目を浴びております。

 

7月&9月のアメリカのセドナ旅行では、
CBD専門店も沢山ありましたし…

 

テイクアウトのフレッシュジュースバー🍹
では『ちょい足しCBD・$4』
~みたいなものが盛んでした。
(冷やし中華始めましたばりに、レジ横に書いてありました。)


しかし…こうも何故、
取り上げてられているのかしら?


それは、麻薬としてタブー視されていた、
大麻からの産物が、
様々な健康効能を持つことが分かってきたからです!

(両親に言ったら…途端に怪しまれましたが・泣)

 

世間では「21世紀最大の奇跡の薬」
とも呼ばれるCBDオイルとは、
いったいどのようなものなのでしょうか?

CBDの意味

CBDは『カンナビジオール』の略でして。

カンナビジオールは産業用ヘンプ(麻)
植物に見られる主要な、
天然カンナビノイドの1つです。

 

カンナビノイドは脳および身体全体の、
内在性カンナビノイドシステム
(ECS)受容体に結合する化合物だそうです。

 

ヘンプには実に、
113種類以上の異なるカンナビノイドが含まれています。

 

はぁ~?(´ヘ`;)

 

カンナビノイド受容体とは、
何なんだ!?

読んで下さってる皆様…がんばって(笑)

 

カンナビノイド受容体は、
全身の細胞膜に埋め込まれているものです。


研究者は2つのカンナビノイド受容体を特定しました。
CB-1、主に神経系、結合組織、
生殖腺、腺、器官に存在します。

 

CB-2、主に免疫系とその関連構造に見られます。


何だか難しいですが…
免疫系を中心に働いてくれる成分であります!

 

今まで人々の関心はTHC(テトラヒドロカンナビノール)
ばかりにありました。

 

このTHCが、精神賦活作用
(気分をハイにする)
のある成分になります。

 

しかし、CBDという成分も
また高濃度(オイルの約40%)で存在しており、
こちらには精神賦活作用がない一方で、

多岐にわたった素晴らしい効能が、
あることが分かってきたようです。

 

このCBDの効能が大麻を、
医療目的に使用される理由です。

 

(ちなみに、THCは主に葉と花に多く存在するのに対して、
CBDは茎や種に多く見つかります。
(日本では、大麻法により茎や種から採ったものに限り合法))

CBDはどのように機能しますか?

CBDは、
主に体内のカンナビノイドシステム(ECS)
と相互作用します。

 

内カンナビノイドシステム(ECS)は、
食欲、痛み、気分、記憶、末梢神経系などの、
体内のプロセスを調節します。

 

つまり…体の痛みや食欲、気分(!?)
などの日常生活にアプローチする成分が、
満載なのです。

 

内因性カンナビノイドとその受容体は…
脳、臓器、結合組織、腺、免疫細胞などの、
全身に存在します。

 

各組織では、カンナビノイドシステムは、
さまざまなタスクを実行しますが、
体全体のバランスをとる事を目的としています。
(ホメオスタシスですね)

 

またCBDは主に、
痙攣、不安神経症、炎症、嘔吐などの
緩和と癌細胞の成長の抑制に作用することも、
言われています。

 

さらに近年の研究により、
統合失調症に対する
非定型抗精神病薬としての効果があることも、
発表があります。

 

あまり記載すると…あれなので、
この辺に留めておきやす💦💦

 

その他、医療大麻の効能は、
250種以上の疾患に効果がある、
と言われていますが、

これはググッてみてください。。。

ホメオスタシスって何だっけ?

一般的な意味での恒常性とは、
システムの安定性またはバランスを指します。

 

一定の内部環境を維持しようとする、
身体の働きです。

安定した内部環境を維持するには、
状況の変化に応じた継続的な調整が必要です。

 

例としてあげると…。

 

私たちがストレスを受けると、
心はコルチゾールを放出します。

コルチゾールは、
危険な状況に迅速に対応する必要がある場合に、
とても役立ちますが、

コルチゾールが出っぱなしになると…
常に戦闘態勢で疲弊してしまいます。

 

長年のストレスで狂ってしまった、
体の調整機能や臓器のバランスを保つ、
サポートがCBDのようです。

CBDは安全ですか?


CBDは2018年の世界保健機関のレポートによると、
「一般的に良好な安全性プロファイルを備えた
忍容性が高い」と捉えられています。

 

注意して頂きたいのは…

 

CBD業界の企業は、
品質管理に欠けておる可能性もあり、
その出所をきちっと把握出来ることが絶対条件です。

 

万が一、麻のTHC成分などが入っていると…
これは先程も書いたように、
違法となります。

 

高品質の管理で信頼できるソースから、
CBDを取得することが最大の重要条件です。

 

最高の品質管理システムを持つ会社から入手し、
体の免疫機能をアップしてゆきたいものですね!

東京・銀座アェルヘーン 人生を好転させる・宇宙とアロマのエネルギーワークスクール